始動時異音

最近寒くなってきたことに合わせるように、朝一の始動がいまひとつです。
普段は自転車通勤なので、気づかなかったんですが週末久しぶりにエンジンを掛けようとしたら、
セルモータは回るんですが、『ぎゃっ、ぎぎぎー』といって始動しない。これを2~3回繰り返すと、
異音を伴ったまま何とか始動。。。
 
いつもお世話になっているメカニックに相談したところ、、、
 
『この症状はセルモーターのオーバーランニングクラッチ(ピニオンギヤの部分)
が滑りを起こしていると思われます。
このクラッチは片一方側にしか回らないんですが
使用頻度によって、内部摩耗から滑りが発生
フライホイールを回す際に抵抗から空回りします。
セルモーターのリビルトか中古
あるいは修理が必要です。』 とのご返事。
 
でさっそく、、「新品、リビルト、中古問いませんので、セルモータの
交換をお願いします。車を持ち込める日、概算費用を御教示下さい。」と連絡。
 
『セルモーター、寒冷地仕様と標準仕様と二種類あり
オーバーランニングクラッチの特定に
セルモーターのシールの確認が必要なんです。
クラッチ価格が¥○○円弱
リビルト品が¥××円ほどです。
どちらがいいでしょうか?』とのこと。
 
っで、「出来ればクラッチの交換でお願いします。
 シールの確認、私にも容易に出来ますか?」と連絡すると。。。
 
『たぶん出来ると思います。
セル本体に張ってあるシールにトヨタかデンソーの品番があります
それをお知らせ下さい。』

それで撮ったのが下の写真です♪よく読めなかったので、エンジンルームに

携帯を突っ込んで撮りました。。すき間が無いところでの撮影に便利ですね。ケータイ♪
 
これで、くるまをメカニックに見せに行かなくても部品手配が可能です。。。

広告
カテゴリー: くるま パーマリンク

始動時異音 への2件のフィードバック

  1. 英さん より:

    最近は、車の調子が悪くなると、すぐにディーラーか修理工場へ車を持ち込んで、調べてもらうんですが、岳人さんは結構自分でやれるところまではやろうとするんだ。
    昔は、よく廃車を積んでいたところへ行って、使えそうな部品を探して、安く買ってきて交換していたけどね。

  2. より:

    ある程度の初歩的なところまでですが。。。
    あんまりやると修復不可能になるので。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中