新人哀歌

い~いぞ!いいぞ!と、おだてぇ~らぁれ~
死に物狂いで来て見~れば
朝か~ら、晩ま~で、飯炊きでぇ
景色なんぞは、夢のうち~♪
 
『新人哀歌』の一節です。
大学でワンゲル部に入ってすぐに歌わされたうたです。
新入りの1年生のことを良く捕らえています。
テント設営も飯の支度もすべて新人の仕事でした。。
でも、ピークからの眺めは最高です。
 
この間、杉ノ原で一緒だった大阪のH君が、朝一に撮った写真を送ってくれました。
その写真を見ていたら、むかしを思い出してしまいました。。。
広告
カテゴリー: 日記 パーマリンク

新人哀歌 への2件のフィードバック

  1. いちろう より:

    当方も学生時代サッカー部に入っていまして、この気持ちよくわかります。
    真夏の合宿、炎天下(九州です!)。練習の合間にグランド横の溝の水に頭を突っ込んで冷やしましたっけ。今考えると、よくあんな汚い水で涼を求めたのかと感心します。
    それでも、今になって思い出すのはこのクラブ活動の事が多いですね。授業のことはあまり思い出しませんが(苦笑)。
    いちろう

  2. より:

    学生時代クラブ活動で味わった辛い経験とその時一緒だった仲間って、一生モンですね。
    いちろうさんが仰るように岳人も授業の事は・・・・サッパリです。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中