地域の車窓から・・

通勤は自転車かクルマなので滅多に電車に乗ることがありませんが、
ヤボ用が出来てチョット都内まで行って来ました。
 
下りのつくばエクスプレス(TX)、車内はガラガラに空いていたので、
先頭車両の運転室前にへばり付いて運転操作をジッと見てました。(まるで、こども・・・)
高架軌道を130kmで突っ走るTX、通勤電車にしては高速です。ブレーキ操作は、さぞ
難しかろうと、見てると。。運転士は、何にも触っていないのにピタリと停車位置に止まります。
発車するときも、運転士が触るのは、「出発」と書かれた白いボタン2つを同時に押すだけです。
 
発車から停車までの運転士の一連の動作は、、
扉閉めボタンでドアを閉める。(このとき、再開閉ボタンに手を掛けモニターを注視)
扉が閉まったことを確認し、出発ボタンを押す。(一拍おいてスッと電車が走り出す)
走行中は何の操作もしていません。
駅が近づくと、、勝手に減速、そしてピタリと停車位置に止まります。(何の操作もなしで、、)
扉開ボタンを押しドアを開ける。
これだけ。。
 
これがATOって言うやつです。自動列車運転装置。。
運転士のワザなど全く必要としませんなぁ。その代わり、考え事しててオーバーランとか、
居眠りしてて通過などJRでよくやってるミスは皆無でしょう。もし運転士がワザを見せるとすると、
大地震発生時の非常停止や停電時などの緊急事態の場合になりますかね。。。いかに安全に停車させるか。
「電車でGO!」なんてTVゲームがむかしありましたが、ATOじゃあゲームになりませんね。
マスコンハンドルとブレーキレバーがある電車って、そのうち無くなるんでしょうか。
クルマからクラッチペダルが無くなったように。
 
 
 
広告
カテゴリー: 日記 パーマリンク

地域の車窓から・・ への2件のフィードバック

  1. 英さん より:

    通勤にTXを使っているのに、知りませんでした。(笑)
    駅ホームには安全柵があり、電車が止まる時にいつもドアの位置がぴったりと合うので、「運転が上手いな~」って感心していましたが、そんな仕掛けがあったんですね。
    ところで、先日名古屋駅で若い女性の運転士が新幹線に乗り込んでいきくのを初めて見て、ちょっと「大丈夫かな?」って心配しましたが、あれも自動化されているんですかね?
     

  2. より:

    ウィキペディアによれば、「TXは運転士が乗務するATOで最速。」とありますから
    新幹線はTXのように全自動ではないと思いますよ。但しCOMTRACという膨大な運行管理システムで
    ダイヤなど組まれているようです。
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中