会津へ

ばあちゃんが亡くなってしまった。こんな形で家に帰って来るのは残念だが、懸命に96年頑張って生きてきたからしょうがないのかも知れない。
ここ会津は、関東の風習と違って、通夜の儀が無く納棺の儀に続いて近所の方々と親族で唄って送る儀があった。

明日は告別式。岳人は涙もろいから また泣いてしまうだろな。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

会津へ への2件のフィードバック

  1. 英さん より:

    岳人さん、ご愁傷さまです。
    いくら歳をとっていても、もういいということは勿論ないんですが、でも96歳でしたら大往生といえますね。
    これまで色んな葬式に出てきましたが、やはり若い人のがいやですね。特に、親を残す場合と、逆に小さな子供を残す場合は、いたたまれません。

  2. より:

    英さん、コメントありがとうございます。
    こどもと奥さんを残し、急逝した学生時代の友人がオイラにもいますが、、
    辛いですね、そう言う場合は。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中