運転体験

以前、鉄道博物館へ行った時のことを書きましたが、
また鉄道ネタになります。 新聞に折り込まれていた
ミニコミ誌の記事で知りました。
 
 
ネットで早速応募してみました。
 
 
 
運転マニュアル
 
 
 
 
博物館のシュミレーターとは違います。実車です、ホンモノです。
プロの運転士の方が指導してくれます。
 
 
自宅から車で15分ほどの車輌基地に参りました。。
 
 
 
 
水海道車輌基地2
 
 
 
出番は少ないですが機関車もあるんですよ。
 
 
 
DD502
 
 
 
 
車輌基地の一番端の軌道を使って運転します。
最新型の両運転台つき2400形1輌と40年選手の350形2輌編成を
午前と午後に運転しました。
 
 
 
はじめは、2400形です。TXの開業に合わせるように導入されて
よく見かけますね。。
 
 
 
2405形2405形
 
 
 
マスコンハンドルは手前に引くタイプです。
 
 
2405形 運転台
 
 
軌道内を僅かに150mだけですので、加速-惰行-ブレーキと
タイトに操作しなければなりません。
停止位置にうまく停めることができました。
 
新しい車輌なので操作もスムーズにできます。
 
 
 
つづいてこちらは、、、
 
 
351形
 
 
 
国鉄時代から含めて走行距離は一体どのくらいなんでしょうか?
車齢はオイラと同じくらい?かな?
 
 
 
 
351形1
 
 
集まった鉄道ファンたちは、こちらの運転がメインのようです。。
オイラも同じ。。
 
 
 
351形運転台2
 
 
 
ブレーキハンドルの柄は、木ですね。
走らせる前にブレーキ操作の練習を丹念に行います。
 
難しいんですよ、これが。バルブ操作に対して
圧力計の反応が鈍いんです。バルブの開度と
圧力が比例しないんですね。
 
 
停止位置にピタリと停めることは出来ませんでした。。。
停止時のショックを和らげようと、緩め操作が早くオーバーラン
してしまいました。。。
 
 
 
修了証
 
 
 
列車の運転なんて、中々出来ませんからいい経験になりました。
 
運転してみたい方は、写真にある鉄道会社のホームページに
アクセスしてみては、いかがですか?
鉄道に対する見方が少し変わるかも知れませんよ。
 
 
おしまい。
 
 
 
 
広告
カテゴリー: 趣味 パーマリンク

運転体験 への2件のフィードバック

  1. ナッツ より:

    とても参考になりました。
    私もJRに乗る時に、先頭車両の運転手さんの運転が見える所に
    乗ります。そして、運転のしかたや指さしを興味津々で見て楽しんで
    います。だから、岳人さんのブログみてて・・・うんうんとうなずきながら
    読んじゃいました。また、機会あったら書いてね。

  2. より:

    ゲームの電車でGO!とは違って本物は
    ドキドキでしたね。速度は15km/hぐらいですから
    自転車程度ですが。機会があれば、また。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中