バス運転手 ピンチ!

 
 
今日は、横浜のとある高校と練習試合がありました。。
 
岳人は久々のバス運転手です。。いつもは2人で乗車なんですが、今日はオイラだけ。。。
 
2ゲームやって1引き分け1負け、、秋季大会前にしょぼくれた選手達を乗せて帰路に着きました。
 
保土ヶ谷バイパスを本村から乗り、もう少しで東名横浜町田というところで、、、、
突然激しいアラーム音がコックピットに響き渡りました。『何事じゃいぃ、、』
メーターパネルにちらっと目をやると、冷却水】 とついてるじゃぁ あ~りませんか!
水温計は中心を指してるし、なんじゃらほい???
 
路肩には停められんし、とりあえずインター入ったところで停めて点検じゃ。。。
 
 
 
藤高バス 飛散するクーラント     クーラントがじゃじゃ漏れ。。。。
 
 
 
藤高バス 6D-14エンジンルーム   
 
 
 
 三菱ふそうの6D-14型エンジン、バスには沢山使われています。
リコールメーカーって事はさておき。。 んで、漏れているのは、ラジエターからのアッパーホースではなく、
シリンダヘッドとジャケットをつないでいる10センチほどのホースでした。。
 
 
 
藤高バス 下のクランプ近傍から漏れ      ここです。ラジエタキャップを外すとじゃじゃ漏れです。。。
 
 
高校球児を40人も乗せて、おっさんはオイラひとり。。。
とりあえず先に行っちゃった、他の父兄に連絡。
 
『あの~、ラジエタホースが破けて動けなくなりました。。』
「JAFとかTELしてみて!」
 
バスは見てくれないんですよJAF。
 
道路公団の緊急サービスもTELしたがダメでした。。。
先に行っちゃった父兄を呼び戻し、、監督と部長先生も現場に戻って来てくれました。。
 
ふそうのディーラーにTELするもダメ。最後の手段は・・・・・
自分でなおす。 エンジンルームを開けたときから何となくそう感じていました。。。
 
公団のパトロールの人が心配そうに来てくれました。
「 この辺にホームセンターありませんかね? 」
『 ありますよ!5キロくらい先に、確かビバホームが!』
 
なんだぁ、じゃぁ直せるじゃん♪ 戻ってきてくれた父兄の車でビバホームへ買出しです。。
水用ポリタンク、耐圧ホース、工具もろもろ、耐熱テープ、etc
肝心のホースは60℃までしか持たない奴しかありませんでした、がアルミテープでごまかします。
 
 
藤高バス 銀テープアフター
 
 
 
これで何とか帰ってくることができました。。試合が終わったのが15:30
応急修理が終わったのが20:00
 
ながい1日でした。
 
 
おしまい。
 
 
 
 
 
広告
カテゴリー: バス パーマリンク

バス運転手 ピンチ! への1件のフィードバック

  1. より:

    昨日ホースを交換していて、おかしい?と思っていたんですよ。たかだか長さ5センチのホース、、、、
    ポンプ出口のこんな短い距離が、何でホースで接続なのよ!しかも、熱をまともに浴びるのに。。。交換作業もやりづらいし。。。
    すぐに破けて当然じゃないのか?さすが、スリーダイヤモンド。。。
    後期型の6D-15エンジンは、この部分が金属のパイプで接続されているじゃぁありませんか!まったく!
    後日写真で紹介します。
     
     
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中