少し遅めの入学式

 
次男の入学式に行ってきました。
 
日立工業専修学校(科学技術学園高校)
企業内学校ですから、特異な面が多々あります。
 
 
 
親にとってありがたいことは、、
・学費が不要。タダ。
・全寮制(食費、光熱費、寮費などが奨学金となっており負担は不要)
・奨学金として¥5000/月支給される。おこづかいみたいですね。
 
入学と同時に日立の一員であるという印象です。。
健康保険証も日立から渡されました。
 
 
 
 
 
 
はやく家から出たがっていた次男は、心配そうな様子や不安な気持ちなど一切見せることなく
むしろ嬉しそうに学校に、そして寮に向かいました。全国からあつまった新入生は
遠くは熊本、八戸、新潟、、と全国から105名。大半は、不安と期待とない交ぜになった顔をしていました。
 
 
 
 
 
これから新しい仲間と過ごす部屋です。4人部屋です。
導入期間は新人同士4人で生活ですが、、なれてきたら先輩達と一緒に過ごすことに。
それからが、ある意味本番ですね、きっと。。
 
 
 
 
 
 
パソコンもケータイもゲームも禁止の生活が始まります。
 
むかしは、そんなものありませんでしたから、人と人が密に話ができたんだと思います。
彼らにも同じように色々語りあってもらいたいですね。。
 
 
 
 
 
小高い丘の上にある寮の部屋からは海が見えます。急峻な斜面に学校は建っていますから
学内を移動するだけで息が切れますが、若い彼らは大丈夫でしょう。。
 
 
 
 
次男よ、新しい生活を思い切り楽しんで来い!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告
カテゴリー: 日記 パーマリンク

少し遅めの入学式 への2件のフィードバック

  1. いちろう より:

    岳人さん、今晩は。当方の出た学校の学制も、中学校卒業後寮生活のあったところでした。15歳で親元を離れるのは不安なものがありました。本エントリーの量の写真を見たら、昔の不安が思い出されました。家が一時間くらいの所でしたので、最初の一ヶ月くらいは、実家に帰っていましたが、それ以降は、友達も出来家にも振り向かなくなりました。親の気持ちは、親にならないとわからないという事ですね。いちろう

  2. より:

    いちろうさん、コメントありがとうございます。いちろうさんは寮生活だったのですね。。小生は全く経験がありませんから、寂しさとか不安とか具体的にはわかりませんが、息子の顔を覗っている限りでは、むしろ期待で膨らんでいたようでした。連休に帰ってくるようなので、真意を聞いてみようと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中