ヒルクライム

 
 
 
6月14日に、こんな大会が開催されます。
無謀にもエントリーしてしまいましたので、早速そのコースの下調べに行ってきました。
自転車で延々と坂を登るのは久しぶりです。
 
10年前、息子達が小学生の夏休みに自宅から筑波山中腹のキャンプ場までサイクリングへ行ったとき以来です。
上記レースのコースは、大池公園 ⇒ 不動峠 ⇒ 風返峠 ⇒ つつじヶ丘。全長12キロ、高低差500mです。
 
『ヒルクライム』・・・・甘く見ていました。。
ひたすら登りです。一番軽いギアでひたすらこぎます。速度がみるみる落ちてきます。無風の平坦路だったら30km/h程度で
巡行できるのに、、、、登坂開始とともに10km/hに。呼吸は乱れて、太股は熱くなってきます。同じ頃に登り始めたロードの人と
どんどん離れてしまいます。アア~・・・  更に後から来たエキスパートがサクサクとペダリングしながら軽快に追い越して行きます。
 
なんであんなに軽くペダリング出来るんだろう??
バイクが軽いのか?
ライダーも軽いのか?
筋力が凄いのか?
 
ゼイゼイ言いながらも何とか不動峠に着きました。
ここまで4.8キロ。ゴール地点まであと7.2キロもあります。
 
 
 
 
 
 
不動峠から風返峠へは表筑波スカイラインを走ります。アップダウンがありさっきより
スピードに乗りますが、それでも登坂になると10km/hでシャカシャカこぐ事に。
でも結局途中で何度も自転車を降りて歩いてしまいました。
 
そんな調子でやっと風返峠に着きました。ここからつつじヶ丘まであと少しですが、行楽クルマの大渋滞でしたので
登るのをあきらめて、神社口方面へ一気に下っていきました。
 
 
 
 
6月14日のレース当日までにこの坂の走り方をマスターしなければなりませんね。
いま持っている体力でいかにいかに効率よく登るか?
週末のたびに通って練習か?(ムリ、ムリ・・・・)
 
 
 
 
《今日の行程》
青木⇒谷田部IC⇒西大通り⇒県道19号⇒北条⇒大池公園⇒不動峠⇒風返峠⇒神社口
⇒りんりんロード筑波駅⇒北条⇒東大通り⇒西大通り⇒谷田部⇒青木
 
距離86.4km
Max52.4km/h(下りは速かった♪)
Ave21.1km/h
 
 
 
 
 
 
 
広告
カテゴリー: 自転車 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中